ユニバーサル総研
FP 名古屋 住宅メーカー・不動産・金融機関セミナー研修
HOME 住宅不動産企業のお客様へ 保険会社企業のお客様へ 一般企業のお客様へ 個人のお客様へ 会社案内 お問い合わせ
住宅不動産企業のお客様向けサービス

M&A(エムアンドエイ)とは、英語のMerger and Acquisitionの略で、企業や事業の合併(Merger)と買収(Acquisition)を意味します。
みなさんは大手上場企業だけの問題だと思っていませんか?
最近急増している大きな問題が「後継者不足による中小企業の問題」です。
日本の人口の高年齢化にともない、現在の経営者も後継者へと事業継承を検討しはじめる時期にきています。
しかし現実は後継者候補がいないなど、事業存続の問題さえ表面化しつつあります。

M&Aの種類

M&Aには、合併・吸収合併・買収・株式譲渡・新株引受・株式交換、営業譲渡・会社分割などの様々な方法があります。

M&Aの種類

複数の会社が契約により1つの会社に統合される組織変更の手続。合併によって、(1)被合併会社の資産及び負債が包括的に合併会社に移転、その結果として、(2)被合併会社は清算手続きを経ることなく消滅し、(3)被合併会社の株主は旧株式に替えて新株式の発行を受けることになる。

M&Aの種類

合併しようとする会社のうちの1社が合併後の存続企業となり、それ以外の会社の全ての権利義務を包括継承する。存続企業以外の会社は消滅する。

M&Aの種類

対象会社の既発行株式を取得する既存株主から譲り受ける、あるいは新株発行増資を引き受ける等、対象会社の株式を取得することで対象会社の経営権を握る方法。

ご検討中の皆様へ

欧米諸国では経営手法のひとつとして一般的におこなわれているのですが、日本も時代背景からM&Aを一般的に導入する時期にきたと言えるでしょう。 当社コンサルティングノウハウを導入し御社を「勝ち組企業」にするお手伝いをさせていただきます。

 
Copyright© 2005 Universal Research Institute ,Inc. All Rights Reserved.