ユニバーサル総研
FP 名古屋 住宅メーカー・不動産・金融機関セミナー研修
HOME 住宅不動産企業のお客様へ 保険会社企業のお客様へ 一般企業のお客様へ 個人のお客様へ 会社案内 お問い合わせ
住宅不動産企業のお客様向けサービス

家計の見直し保険のリストラを!

■どのように見直してよいのかわからない。
■保険屋さんに見直しを勧められたけど・・・。
■見直しするといくら位、保険料のリストラが出来るの?

皆さんは現在一世帯あたりの月額生命保険料はいくら支払っていますか?
統計では一世帯あたり月額平均生命保険料約50,000円です。(生命保険文化センター調べ)
実は住宅ローンの次に高い買い物が生命保険なのです。

では、どのように見直せば良いのか?

→保険の見直しコンサルティングの詳細はこちらをクリック

■住宅営業マンに「支払いは今の家賃とあまりかわらないですよね」と勧められた。
■「低金利だから、住宅ローン控除があるから、今がチャンス」と勧められた。
■「手付けだけでも入れて下さい」と契約を急いでくる。

皆さんは「家」を買おうと発想されていると思いますが、実は「家を買った」と言えるのは
「現金で買った人のみ」です。高額な買い物です。ほとんどの方は「住宅ローン」を利用されます。
「住宅ローン」といわれる商品は、現在日本中で約3,200種類もあるのをご存知でしょうか?
しかも、選び方次第では同じ借入額にも関わらず総支払額が何千万円も変わってしまう
現実をご存知ですか?

→資金計画住宅ローンコンサルティングの詳細はこちらをクリック

■郵便局職員さん、銀行マンに「資産運用にこれが最適」と商品を勧められたが・・・。
■将来の年金の為にアパート経営しませんか?と勧められている。
■生命保険商品で資産を増やしてみませんか・・・。

郵便局職員さんが勧める簡保商品。銀行マンが勧める金融商品。
不動産営業マンはアパート経営。保険営業マンは保障も貯蓄も一緒に!。
やはり売り手は売り手都合の勧め方になります。
たくさんある「資産運用方法」の中から本当にあなたに合う方法は?
中立な第三者に相談をして下さい。本当のお金の勉強をしてみませんか?

→相続対策・資産運用コンサルティングの詳細はこちらをクリック

 
Copyright© 2005 Universal Research Institute ,Inc. All Rights Reserved.